炭疽病

2.炭疽病防除のための耕種的な方法

Print page

///// 健全な芝生を育てることが炭疽病予防の第一歩

 // ベントグリーン周辺樹木の伐採や剪定で日照と通風を確保

樹木の伐採

グリーン周りの樹木の伐採は通風と日照を改善しベントグラスの生育環境を大きく改善します。

 

 // 更新作業や目砂散布によって床砂中の有機物含有量をコントロールしつつ、床砂の透水性や通気性を確保

更新作業

更新作業によって表層の有機物を取り除き、透水性と通気性を改善することはベントグラスの健全な生育に寄与します。

 

 // 炭疽病の発生を助長する窒素やカリウムの欠乏状態をつくらない

 // ベントグラスに対して大きなストレスとなる極端な低刈りは控える

適切な刈高

適切な刈高の維持はベントグラスのストレス耐性の極端な低下を防ぎます

 

 // スプリンクラーによる散水は過散水になりやすく、病害の発生を助長するため、できるだけ手散水で対応する

手散水

 

次に、化学的な防除方法についてみてみましょう。

 


 

3 炭疽病防除のための化学的な方法

4 いつ、何を散布すれば良いのか?

5 発生させてしまったら?

6 ストレスガード製剤予防散布プログラムの活用

 

前のページに戻る

最初のページに戻る